ルアー

ルアー考察~SilverCreek スピナー

ミノー好き

渓流フィッシングにハマり、本気でこの釣りをやっている人ほどミノー好きが多いように思う。

ミノーで魚を釣ったらなんだか嬉しいし、カッコいい気がする。

自分の操作ひとつでミノーが思うように動いてくれるため、釣った感がある。

モノによっては、スピナーやスプーンよりも釣れるから、ミノーだけあればいい。

釣った魚とルアーの写真を撮るとき、ミノーが一番映える。

どれも正しいような気がするし、ミノーフリークがたくさんいるのはとてもよくわかる。

では自分はどうかというと、釣れればなんでもOKの雑食系アングラーなので、ミノー以外のスプーンやスピナーも頻繁に使用する。ひっかえとっかえ使って、たくさんのルアーで釣りたかったりする。

スピナー好き

そのような中、今回ご紹介したいのは「スピナー」

巻くだけで魚を釣れるといったオートマチック性があるため、エキスパートからは敬遠されがちだが、魚のサーチ力、気軽さ、シチュエーションによっては他のルアーをまくることもあるから、個人的には一番気に入っているルアーだ。

また、初心者の人に魚を釣ってもらうときに一番扱いやすいということもあって、やはりワレットケースには外せない。

さらに、渓流魚だけでなく、バスもオイカワもメバルもカサゴも魚種限定解除できたりもするので、ひとつ持っていれば色々な釣りに代用できるところにも魅力を感じている。

SilverCreek スピナー

そんなスピナーの中でも愛用しているのが、ダイワから出ている「SilverCreek スピナー」。

一番の理由としては、トレブルフック→シングルフックに簡単に変更できる点。世にある多くのスピナーのフックは本体に直接つけられているため、フック交換をするときにフックのアイを切らなくてはならない。これが意外に面倒臭い。

しかし、SilverCreek スピナーであれば、スプリットリングを本体にかましているため、簡単にフックチェンジができる。

特に、渓流ではトレブルフックは使わず、シングルバーブレスフックのみ使用しているという人にはオススメだ。

他に、キャスト後の巻き始めでも立ち上がりが早く、すぐに攻められるところ。

ローリングスイベル一体型シャフトと中通しの回転するボディにより糸ヨレ軽減してくれるため、ストレスを感じさせないところ。

ブレードの振動が程よくあり、巻き感も気持ち良いところ。

2.0g、3.0g、4.0g、6.0gと攻めやすい重量が揃っているところ。

(個人的には多くのカラーは使わないが)カラーリングが豊富なところなどが気に入っている。

強いて欠点を言えば、塗装が剥がれやすいところがマイナス点。

他のルアーにも言えるのでしょうがないが、石に擦ったときに鉛が剥き出しになるところに関してはちょい残念かもしれない。

とはいえ、投げて巻くだけでよく魚が釣れるので、海も含めたライトフィッシングでは手必須アイテム。

濁って魚からの反応が鈍いときにも、ブレードの波動が魚を連れてきてくれることも多いので、まだ使ったことのない渓流ルアー好きの人には食わず嫌いせずにぜひ使ってみてはいかが。

SilverCreek スピナーの詳細

サイズ2.0g、3.0g、4.0g、6.0g
カラー蜜柑、天道虫、珈琲、四つ葉、白桃、辛子、蛍、陽炎、金、銀、銅

長野釣行~超小場所でイワナを狩る前のページ

jackall103の取扱製品次のページ

  

この記事を書いた人

ICE9
横浜在住。道具フェチ。ルアー&テンカラアングラー。
 

記事アクセスランキング

まだデータがありません。

俺鱒 記事カテゴリー

  1. 釣行レポート

    雨上がりのモンスターレインボー
  2. 釣行レポート

    やっと出会えた 某所釣行
  3. ギア

    所有欲満たすこと間違いなし!渓流フィッシングで活躍してくれる使い勝手・外観が完璧…
  4. ギア

    渓流ルアーで大活躍してくれる、手放すことのできない偏光グラスはコチラ
  5. 釣行レポート

    北海道釣行
PAGE TOP